キッチンのお悩みを解決!リフォームを成功させるポイントとは?

>

本当に使いやすいキッチンの条件とは

すっきりしたキッチンは収納が決め手

モデルルームのような、生活感を出さないキッチンにしたいなら使える収納を設けることです。
使わない家電製品は目隠し。
壁の厚みを利用してパントリーを設置したり、吊戸棚をやめて空間を設けることで広さを演出します。
オーダーにはなりますが、扉付きの棚ごと組み込んだパントリーでお気に入りの棚がそのまま使えるようにしました。
システムキッチンには、扉タイプと引き出しタイプがあります。
扉タイプではほとんど手前に開きます。
参考までにお話すると、妊娠中のしゃがみ込む動作が厳しく、間取りの余裕がなかったので引き出しタイプを選びました。
鍋などの道具を多めに持っていたのもたっぷり収納できる引き出しタイプを選んだ理由です。
長い目で見て、そのときの条件が変わっても使いやすいものを選択しましょう。

独立したキッチンと見通せるキッチン

シンクが見えにくく、部屋の様子がわかる対面式キッチン。
見た目は良いのですが、キッチンの間仕切りがないので料理の匂いがリビングへ流れてしまうことがあります。
アイランドキッチンも同様、複数人数で料理ができるメリットがあります。
その代わり周囲が油で汚れやすいこと、収納の対策ができていない場合、残念ながら散らかって見えてしまいます。
どのタイプのキッチンにも長所や短所があります。
それを補うための設備や間取り、収納を増やすなど工夫をするのです。
油分が飛び散りにくいパネルの設置、油汚れに強い素材の選択、お手入れしやすい換気扇を選ぶと使い勝手が変わります。
その辺の詳細は、実際に使ったことがある人に尋ねたりプロに聞いて情報を得ておきましょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る